神社婚について詳しくご紹介します

神社婚での婚礼衣装に関することについて

神社婚での婚礼衣装に関することについて 神社婚といえば婚礼衣装ですが、具体的にどのような種類や特徴があるか気になるのではないでしょうか。
白無垢は神社婚の代表的な衣装と言っても過言ではないもので、日本の伝統的な格式高い和装の1つです。
特徴は全身が純白でまさに穢れを感じさせず、特別な印象を与える点は他のどの衣装よりも優れているといえます。
逆に色打掛は鮮やかな美しさが魅力的で、白やピンクなどの上にカラフルな打ち掛けを羽織るのが特徴です。
ちなみに髪は文金高島田、挙式においては角隠しで頭を覆うのが基本となります。
引き振袖は江戸時代以降に広まり定着した婚礼衣装で、ゴージャスよりも優美な印象を与えます。
実は白無垢よりも歴史は古く、小物の種類の選択肢などから人気のある衣装となっています。
組み合わせの自由度が高く、モダンに仕上げることも可能ですから、伝統的ながら時代に合わせられる魅力を併せ持ちます。
このように、神社婚といっても身につける衣装は特徴が様々で、好みや希望に合わせて選べるのではないでしょうか。

神社婚で着用する角隠しについて解説します

神社婚で着用する角隠しについて解説します 最近人気がある神社婚は、伝統的な婚礼のスタイルになり、衣装も日本ならではの和装を身につけます。
和装の花嫁の象徴ともいえる白無垢や色打掛といった正装で挙式を執り行うのですが、かぶり物である角隠しも身につけることになります。
文金高島田に結いあげた日本髪を結った頭に覆う形でかぶる帯状の布のことを指します。
1枚の布から形を作っていくので、360℃どこから見ても良いバランスにする必要があります。
頭の大きさや顔とのバランスを見て形を作っていきます。
使用する布は白絹のものになります。
江戸時代から普及したかぶり物になり、今なお引き継がれている婚礼衣装です。
色打掛に合わせることが多いのですが、和装にも使用することができます。
神社婚で使用される綿帽子と混同する方も多いですが、綿帽子とは見た目も使用方法も違ってきます。
綿帽子は洋髪でも使用することができますが、角隠しは日本髪にだけ着けることができるかぶり物になります。

新着情報

◎2024/3/4

情報を追加しました。
>神社婚という選択、時代を超えた魅力に迫る
>世代を問わない結婚式のスタイル 神社婚の魅力とは
>一生の思い出に残る神社婚とその演出の魅力
>神社婚を考える新郎新婦への重要情報まとめ
>神社婚を控えたカップル必見の結婚式の流れ

◎2023/5/8

情報を追加しました。


>神社婚で気をつけたいトラブルと回避する方法
>神社婚等の和婚が外国人に人気の理由について
>神社婚は伝統のある儀式だが歴史は意外と新しい
>神社婚は教会式と比べても時間はそれほど変わりません
>神社婚を執り行う時に宗派は気にする必要があるか

◎2022/7/10

情報を更新しました。
>結婚式の中でも神社婚にはメリットがたくさんあります
>神社婚を利用する際に把握しておくべきデメリット
>神社婚スタイルを外国人の人が選ぶ理由やポイント
>神社婚では複数のプランから選んで式を挙げる事ができる
>日本における教会と神社婚の推移と人気の動向

◎2021/12/6

神社婚を行った人の満足度
の情報を更新しました。

◎2021/9/28

神社婚での婚礼写真
の情報を更新しました。

◎2021/8/11

サイト公開しました